Life with music うずらのたまご

手持ちのアナログレコードを、ハイレゾでデジタル化して楽しんでいます。

生活

自転車のタイヤ、空気が抜ける、、パンクかな?の前に、チェックしてみよう!

駐輪場、抽選の季節がやってまいりました(笑)

この団地でも、自転車を使用されている方も多いと思います。

 

そこで、自転車のタイヤ、空気が抜ける、、、、パンクかな?

の前に、チェックしてみよう!

空気の抜ける場合の半数は、虫ゴムの劣化が原因なんですよっ。

では、大まかな判断基準を書いていきますね。

 

*まず最初に、虫ゴムを止めている部品が、
  しっかり締まっているか確認して下さい。
  緩んでいると、そこから空気が抜けます。

 

1)空気を入れても、全くタイヤが膨らまない、入れてる傍から抜けてしまう場合

原因:パンクの場合が多いです。

対処:パンクの修理、又はチューブ交換が必要です

 

2)空気を入れると、タイヤは膨らむけど、空気入れを外すと
シューって、空気を入れた穴から空気が抜ける。

原因:虫ゴムの破損の場合が多いです。

対処:虫ゴムの交換が必要です。

備考:交換後、空気が抜ける場合、パンクの修理、
又はチューブ交換が必要です。

 

3)空気を入れて、1日~3週間程で抜けてしまう。

原因:虫ゴムの劣化、又は、パンクです。

対処:とりあえず、虫ゴムを交換してみましょう。

備考:交換後、空気が抜ける場合、パンクの修理、
又はチューブ交換が必要です。

 

近日中に、虫ゴムの交換方法を書きたいと思います。
えっ、「そんなの知ってる!」って?、まいったな~(笑)

ご訪問頂き、ありがとうございます m(_ _)m
ポチッっとして頂けると頑張れま~す。

にほんブログ村

-生活